私たちについて

栗駒伐採ツアー〜自分の家の柱を自分で伐採〜

こんにちは、スタッフのおおはしです。

10月に入り、朝晩涼しい季節になりましたね。

 

先日、お施主さんご家族と一緒に、工務店さん主催の伐採ツアーにスタッフも参加してきました。

行き先は、宮城県の栗駒高原。

立派に育ったスギの木を、実際に自分の家の柱になるものを選んで伐採するツアーです。

 

家のどこの柱を、どのくらいの大きさと形にするか考えながら「この木にします!」と選んだら、

まずは山の神様にご挨拶。お塩と御神酒も忘れずにね。

6

 

いよいよ、チェーンソーが入ります。

1

 

くさびをうっていくと、ゆっくりと倒れて、大きな木なのでものすごい迫力でした。

切り株と、断面はこんなかんじ。良い香りがします。

7

伐採したら、みんなで温泉入って、ご飯を囲んで楽しく話をして、お布団に入って一泊。

しかし、伐採だけで終わらないのがこのツアーのすごいところ。

 

次の日朝起きて、みんなで朝食を食べたら、製材所へ出発!

昨日切った木を、欲しい大きさになるようにカットする場所です。しかも、カットする木を乗せた操作台に、お施主さん自ら乗せてもらえます。

4

 

3

 

刃が高速で回転する部分に向かって、木を当てて切ります。

スタッフもお言葉に甘えて乗せていただきましたが、近くで切られているのを見て大興奮!!

綺麗な赤身の木目が見えてきて、皆嬉しそう。この色は、切りたてほやほやの今しか見られません。

 

お子さんたちも、色々な遊び方を見つけていました。

この経験が、大きくなっても思い出せる出来事になったら嬉しいです。

2

 

製材所のあとは、工場を見学。

5ここでは、木をいわゆる燻製状態にするところです。

木を削ったり切ったものは他の製品につかったり、燻製をするときの燃料にしたり、畜産に使われたり。更には、燻製で出た煙も、防虫に役立つ液体に使うそうです。少しも無駄にする部分はありません。

私たちも普段の暮らしを見直さなければ、と身が引き締まる瞬間でした。

 

2日間の伐採&製材&見学ツアーはとてもとても内容がぎっしり詰まっていて、何よりも皆さま楽しそうで、素敵な時間でした。

主催者のみなさま、参加してくださったみなさま、本当にありがとうございました!

 

 


里の住宅〜配筋検査〜

本日、里の住宅の配筋検査が行われました。

現場に着くときれいにびっしりと組まれた配筋。

 

今回の建物は半地下の床下収納が広くあります。

そして、玄関を入ったらまずは広い土間の空間が広がります。

DSCN0751DSCN0757

玄関から床下倉庫へは階段と荷物の出し入れがしやすいようにスロープも設けています。

その部分の鉄筋も組まれ、形が現れてきていました。

DSCN0755

配筋検査は微細な手直し1ヶ所のみで他は全く問題無く合格。

このあと瑕疵担保の方の配筋検査もありますが、全く問題無いでしょう。

とてもとても丁寧な仕事をしてくださる土建屋さんには感謝です。

 

プレカット図のチェック作業が続きますが、

上棟する姿が早く見たいなーと待ち遠しい気持ちです。


桜町の住宅〜室内解体〜

9月も現場は着々と進んでいます。気づけば9月ももう半ばですね。

 

川口市桜町のリノベーションの住宅ですが、解体がほぼ終わりました。

解体工事が本格的に始まる前にまず、シロアリの防蟻工事の施工がされました。

事前にシロアリの調査が入りました。

全く問題はありませんでしたが、お施主さんの希望で防蟻処理を行いました。

ホウ酸の液は透明なので施工後が全く分かりません。

DSCN0644

 

そして解体が始まり、現場に顔出した時にはほぼ終わってました。

間取りが大幅に変更になるため、ほぼスケルトンになっています。

DSCN0696

1階の床はレベル調整のためフローリング撤去、下地も撤去し大引、根太からやり直します。

壁がほとんどなくなりました。

2階も同じにほぼスケルトンになっています。

DSCN0715

この建物は陸屋根で屋上があります。

屋上は防水からやり替え、パラペットの既存の笠木の施工がよくなく、雨が中に入ってきてしまっている状態です。

そのため、パラペット内側は下地からやり直し、笠木は撤去・新設します。

 

どんどん工事は進んでいきます。また進捗状況をお知らせします。


里の住宅と桜町の住宅

最近工事が始まった2つのプロジェクトの進捗状況をアップします。

一昨日の月曜日には川口市里の住宅の地盤改良の工事が行われました。

地盤改良工事が行われる前に、ここの敷地の地面にコンクリートの固まりが

埋まっていることが分かり、まずはそれを取り除く作業行われました。

DSCN0547

どれだけの量が埋まっているかおおよその検討しかできず不安だったのですが、

実際撤去の工事が始まると大きな問題はなく、無事に取り除くことができました。

 

そして、次の工事の地盤改良工事へ進むことができました。

今回の地盤改良は柱状改良工法になります。

DSCN0605

ドリルで掘り進みながらセメント系の固化材を注入していきます。

これが固まり、柱体になり建物を支えます。

DSCN0607

順調に掘り進んで、施工が完了しました。

DSCN0608

 

そしてその翌日の昨日、桜町の住宅の工事が着工となりました。

こちらはお施主さんが中古住宅を購入されてフルリノベーションするお話をいただいたプロジェクトとなっています。

場所はこちらも川口市で、旧鳩ヶ谷市に位置します。

解体工事が始まりました。室内のほとんどが解体となります。

DSCN0611DSCN0614

こちらは年内に完成予定です。

 


ウメトウグイス離レ〜すでに工事も終盤〜

コーデザイン、住宅ばかりでなく最近は店舗工事も増えてきました。

しかし、店舗工事はスピードが早くあっという間に竣工します。


JR川口駅から歩いて5分くらいのところに「ウメトウグイス」という美味しいお魚とお酒がいただけるお店がありますが、そのお店の「離レ」を設計監理させていただいています。

9/11にオープンと決まり、すでに工事も追い込みです。


オープンした際にはぜひお越しください!


Topへ