私たちについて

桜町の住宅〜室内解体〜

9月も現場は着々と進んでいます。気づけば9月ももう半ばですね。

 

川口市桜町のリノベーションの住宅ですが、解体がほぼ終わりました。

解体工事が本格的に始まる前にまず、シロアリの防蟻工事の施工がされました。

事前にシロアリの調査が入りました。

全く問題はありませんでしたが、お施主さんの希望で防蟻処理を行いました。

ホウ酸の液は透明なので施工後が全く分かりません。

DSCN0644

 

そして解体が始まり、現場に顔出した時にはほぼ終わってました。

間取りが大幅に変更になるため、ほぼスケルトンになっています。

DSCN0696

1階の床はレベル調整のためフローリング撤去、下地も撤去し大引、根太からやり直します。

壁がほとんどなくなりました。

2階も同じにほぼスケルトンになっています。

DSCN0715

この建物は陸屋根で屋上があります。

屋上は防水からやり替え、パラペットの既存の笠木の施工がよくなく、雨が中に入ってきてしまっている状態です。

そのため、パラペット内側は下地からやり直し、笠木は撤去・新設します。

 

どんどん工事は進んでいきます。また進捗状況をお知らせします。


Comment

Current day month ye@r *

Topへ