私たちについて

里の住宅〜配筋検査〜

本日、里の住宅の配筋検査が行われました。

現場に着くときれいにびっしりと組まれた配筋。

 

今回の建物は半地下の床下収納が広くあります。

そして、玄関を入ったらまずは広い土間の空間が広がります。

DSCN0751DSCN0757

玄関から床下倉庫へは階段と荷物の出し入れがしやすいようにスロープも設けています。

その部分の鉄筋も組まれ、形が現れてきていました。

DSCN0755

配筋検査は微細な手直し1ヶ所のみで他は全く問題無く合格。

このあと瑕疵担保の方の配筋検査もありますが、全く問題無いでしょう。

とてもとても丁寧な仕事をしてくださる土建屋さんには感謝です。

 

プレカット図のチェック作業が続きますが、

上棟する姿が早く見たいなーと待ち遠しい気持ちです。


里の住宅と桜町の住宅

最近工事が始まった2つのプロジェクトの進捗状況をアップします。

一昨日の月曜日には川口市里の住宅の地盤改良の工事が行われました。

地盤改良工事が行われる前に、ここの敷地の地面にコンクリートの固まりが

埋まっていることが分かり、まずはそれを取り除く作業行われました。

DSCN0547

どれだけの量が埋まっているかおおよその検討しかできず不安だったのですが、

実際撤去の工事が始まると大きな問題はなく、無事に取り除くことができました。

 

そして、次の工事の地盤改良工事へ進むことができました。

今回の地盤改良は柱状改良工法になります。

DSCN0605

ドリルで掘り進みながらセメント系の固化材を注入していきます。

これが固まり、柱体になり建物を支えます。

DSCN0607

順調に掘り進んで、施工が完了しました。

DSCN0608

 

そしてその翌日の昨日、桜町の住宅の工事が着工となりました。

こちらはお施主さんが中古住宅を購入されてフルリノベーションするお話をいただいたプロジェクトとなっています。

場所はこちらも川口市で、旧鳩ヶ谷市に位置します。

解体工事が始まりました。室内のほとんどが解体となります。

DSCN0611DSCN0614

こちらは年内に完成予定です。

 


里の住宅〜地鎮祭〜

気がつけばあっと言う間に8月…。

一昨日はtanabike図工室でコーデザインワークショップが開催されました。

参加者のみなさんも、僕たちも汗を流しながら椅子をつくり上げました!

その様子は後ほどレポート致します。

 

さて、本日は川口市の里の住宅の地鎮祭が行われました。

鳩ヶ谷の氷川神社さんが来て執り行ってくださいました。

こちらが到着するとすでに宮司さんが準備されていました。

このような折りたたみ式のセットがあるとは!!

僕らこの作りに興味津々でじっくりと見てしまいました。笑

これは何かイベント什器を今後作るとしたらきっと役に立つと。

そんなことを思いながら準備は終わり、式典が始まりました。

IMG_8365

式が進み、鍬入れの儀。

IMG_8374 IMG_8376

お施主さんご夫婦と、

IMG_8379

施工者からは土建屋さんにやっていただきました。

そして、玉串奉奠。

IMG_8402

曇り空の中に晴れ間も見え、天候にも恵まれ、式典も滞りなく終えることができました。

いよいよですね。

IMG_8442

いつもの様にテクスチャーも表現した模型も作りました。このようなイメージです。

早く立ち上がった姿が見たい!

これから工事が始まります。


Topへ