設計事例

新築山崎の住宅

通り土間のある家

玄関から庭までをつなぐ大きな通り土間がある住宅。
計画地は住宅街だが、ここだけは周りが農家に囲まれており比較的開かれた借景も望める場所である。
敷地も余裕があったため、内部だけでなく外部も楽しめることができる計画が求められた。クライアントからは以前、設計した南大塚の住宅で計画した土間、庭とをつなぐフルオープンの建具の印象が残っていたようだったので、今回はそれをさらに発展させ内部に土間が通る計画とした。その土間から庭へと抜ける部分には2.5m幅の開口があり、この開口部をすべて引き込むことで内外が一体となった空間へと広がる。
また、土間の蓄熱効果によって夏場はヒンヤリと、冬場は日射と薪ストーブによって暖かさを維持することが期待できる。
家全体がほとんど仕切りなく、内外から各空間がゆるやかにつながるおおらかな関係が築かれた住宅である。

設計Data

用途個人住宅
建設地千葉県野田市山崎
構造/規模木造/地上2階建て
家族構成夫婦、子供
延床面積103.09m2
設計・監理co-designstudio
構造設計TECTONICA INC.
施工芦葉工藝舎

Photo Gallary 写真はクリックすると拡大します

  • 111

Topへ