設計事例

新築南大塚の住宅〜故郷の土間がある家〜

随所に奥様のご実家のケヤキを使用。心地良い「居場所」のある住宅。

玄関を入ると大きな土間の玄関が広がる。これは、奥様からのご要望でご実家にある土間をイメージしたものである。家にあがらないまでも、ちょっと腰掛けて他愛のない世間話ができるコミュニケーションの場。この家ではそんな心地良い「居場所」が随所にある空間をつくることを設計の拠り所とした。
リビングが将来用の子供部屋に仕切ることができ、玄関と和室が襖を引き込むことで1室となったり、ライフスタイルの変容に合わせて空間を変化することができる。
屋根には太陽集熱パネルを設置し、夏は暑い空気を排気し、冬は室内の暖かい空気を取り込み補助暖房ができ自然エネルギーを利用した作りになっており、空間に左右されない均一な室内環境を作り出すことができる。
静かな、にぎやかな、隠れ家のような「居場所」がありその時の気分にあわせて選べる空間ができたのではないだろうか。

設計Data

<
用途個人住宅
建設地埼玉県川越市南大塚
構造/規模木造/2階建て
家族構成夫婦
延床面積97.05m2
設計・監理co-designstudio
構造設計鈴木芳典構造事務所
照明設計カド照明設計研究所
施工ゆたか建設
受賞第一回埼玉県環境住宅賞佳作

Photo Gallary 写真はクリックすると拡大します

Topへ