私たちについて

greenshare×co-designstudio workshop

あっという間に3月も終わろうとしています。早いですね〜。

さて、3月20日の春分の日にKawaguchi Shinmachitanabikeではいくつかのワークショップが開催されました。

greenshare×co-designstudio workshopということで、お隣の植物のお店greenshare

コラボワークショップとなりました!

1週間以上過ぎてしまいましたが……笑 その時の様子をアップしていきたいと思います!!

 

今回は午前と午後で2種類のワークショップをやりました。

午前部は『ぐるぐる練ってコンクリート鉢をつくろう!』ということで、

自分でコンクリートの粉に水を加えて練ってコンクリートを作るところから始め、

固まったらカップの型から外し、植物を寄せ植えしてもらいました。

32733737743_b56b23eca1_z

道具はこれだけ。型となるカップの中にコンクリートの粉を入れて、水を入れてかき混ぜるだけ。

33507440806_0348afe96f_z

しかしこの混ぜる作業がなかなか大変。笑

水を入れた瞬間からコンクリートが固まり始め、重くなります。力とスピード勝負!!

そして混ぜ残しが無いよう底の方までしっかりと混ぜます。

32704505664_745a08821e_z

1時間程で固まり、型から外すことができます。

そしたら型から外し植物を選び、寄せ植えをして完成です。

水抜きの底穴もしっかり空けてあげます。

32704515274_37eb676571_z

手のひらサイズのコンクリート鉢、寄せ植えができました!!

 

 

2つ目午後の部は『コンクリートベースhacoづくり』ということで、

午前のコンクリート鉢より大きなものを作りました。

フローリングを使って自分の好きな型枠をつくり、

コンクリートを流し込んでオリジナルコンクリートベースを完成させます。

33164406980_666fc2a3b0_z

現場から出たフローリングの切れ端をもらい、断熱材であるスタイロの切り端ももらい材料にしました。

32704233094_8527a25d5e_z

フローリングを型枠にして組み立てていきます。できるだけ簡単にするため型枠はテープで固定しました。

32704187794_0bbca20965_z

コンクリートも自分で練ってもらいました。

先ほどの鉢とは違い、使うコンクリートの量が多くなるので手では混ぜることができません。

そのため道具を使って混ぜていきました。

インパクト使うのもスタイロカッター使うのもコンクリートも混ぜるのも初めてで

とても楽しんでくれていました。そりゃ、初めてだよね笑

33164333670_89d86b5372_z

コンクリートを流し込み、スタイロ等を押し込み植物を植えるくぼみを作ります。

乾いたら外枠を外し、中に押し込んだ型も外し完成!

33548431745_9c0d4c0575_z 33548442075_b7af95252c_z

こちらも植物の寄せ植えをしました。

自分だけのオリジナルのコンクリートの鉢ができました!

完成した頃にはすっかり日が暮れてました。笑

 

今回ご参加くださったみなさまありがとうございました。

今までは木の木っ端などでワークショップを考えてやってきましたが、

今回新たにコンクリートにも手を出してきたco-design。笑

去年はあまりワークショップなどを開催する事ができませんでしたが、

今年はもっと色々な楽しい事を考えワークショップとしてできたらと思います。

今度ご興味があるワークショップがありましたら是非ご参加ください!!

 

以上、ここのところブログ更新サボり気味のオノダでした。笑


雑誌掲載〜チルチンびと〜

最新のチルチンびとvol.90の

「各地で活躍する建築家」というコーナーで

co-designstudioを掲載していただきました。

チルチンびと

書店にも並んでいるようなので是非ご覧ください。

メインは薪ストーブ特集です。

これからの季節にはたまらないですね〜。


山崎の住宅〜渡辺篤の建もの探訪〜

すっかり告知が遅くなってしまいましたが、

今週26(土)朝5時より山崎の住宅が「渡辺篤の建もの探訪」で放送されます。

スクリーンショット 2016-11-23 9.33.58

 

撮影当日はあいにくの空模様で、

クライアントのご家族も緊張され放送されるのが恥ずかしい〜と

おっしゃっていましたが是非ご覧ください笑

 

そんな私たちも撮影当日は渋滞に巻き込まれ、

お会いすることも撮影にも間に合わなかったので内容は見てのお楽しみ状態です。

 

160810_089

竣工した当初の撮影では冬に入る頃だったのですが、

夏場に再度撮影したときには緑も生い茂ってとても気持ちのよい雰囲気でした。

 

放送でもそんな気持ち良さを感じていただければと思います。


江面の住宅〜オープンハウスのお知らせ〜

春から工事を進めてきました江面の住宅が今月、竣工を迎えます。

クライアントさまのご厚意によりオープンハウスを開催することになりました。

1

 

江面の住宅は、クライアントが普段から生活の身近にある

「緑」と「アンティーク家具」を活かすために設計された住宅です。

オープンハウスの時には残念ですが、それを見ることは叶いませんが、

少しでもその雰囲気を感じていただければと思います。

シンプルですが、その分一つ一つのディテールも細かく設計しています。

 

今回はこれから住宅(新築・改修問わず)のご計画をお考えの方のみの完全予約制となります。

ご興味のある方は下記よりお時間をご選択いただき、お問い合わせフォームよりお申し込みください。

地図など詳細を追ってご連絡いたします。

 

開催日時

8/13(土)、14(日)

①.10時〜12時

②.13時〜15時

③.15時〜17時

 

「江面の住宅」

設計監理:co-designstudio/小嶋

構造設計:TECTONICA INC./鈴木

施工:小沢工業

構造:木造2階建て

建築面積:60.22㎡

延べ面積:120.44㎡

敷地面積:462.28㎡


江面の住宅〜真白な空間〜

今週は富士山に登ってきました!

今年に入ってから計画を立て、毎月1山を登って体力をつけていよいよ登りました。

天気予報では雨だったので到着するまで登れるかどうかわかりませんでしたが、

幸いにもあまり雨にも降られず登りきることができました。

 

4

雲は多かったので御来光は一瞬でしたが、

その一瞬の眩さは忘れられません!

 

普段、先のことばかりを考えるばかり目の前のことが雑になってしまうこともありますが、

一歩一歩、目の前だけのことを考えながら歩くこともとても大切だということを再認識させられました。

あと、家族や仲間とも一緒に登れるということにも感謝しなければいけないですね!

 

 

と、真っ白な雲が空一面に広がる富士山から久喜に戻り、

江面の住宅もいよいよ2週間後に竣工を迎えます!

1
外観も車庫のコンクリートなども終わりあとは照明器具などの取り付けのみです。

周囲も畑に囲まれた空間のためかなり目を引く建物です。

 

2
内部も真っ白です。

床の養生が外れると木のフローリングが見えてくるので、印象はさらに変わってくると思います。

 

3
キッチンも完成して養生されています。

その他には仕切りもない空間です。

 

江面の住宅はクライアントが普段から生活の身近にある

「緑」と「アンティーク家具」を活かすために設計された住宅です。

正直、竣工した時にはまだ未完成かもしれません。

これから緑とアンティーク家具が運ばれてきた時にこの建物の本当の魅力が出てくるはずです。

 

今月でひとまずは引き渡しになりますが、

これからもしばらくこの建物からは目が離せそうもありません。

 

こんなことを書いてはいますが、

オープンハウスはこじんまりと開催したいと思います。

別ページにて案内をしますのでご覧ください。

 


Topへ