私たちについて

峯の住宅〜オープンハウスのお知らせ〜

昨年の春から工事を進めてきました川口市峯の住宅が今月、ようやく!竣工を迎えます。

この度、お施主様のご厚意によりオープンハウスを開催することになりました。

 

DSCN0417

峯の住宅は敷地の北側が崖地になっています。

そのため、コンクリート造のよう壁が兼ね備わった、

変わった形の基礎に建つ住宅です。

2階のLDKには南側の大開口から降り注ぐ光が気持ちのいい空間となっています。

また1階の2つの部屋は左官屋さんご指導のもと、自分たちで壁を塗って完成させるワークショップも行いました。

自分たちで珪藻土を塗った壁の部屋も是非ご覧下さい。

 

これから家づくりをご検討の方は是非ご覧いただき、

設計事務所との家作りのきっかけとしてはいかがでしょうか?

ご興味のある方は下記よりお時間をご選択いただき、お問い合わせフォームよりお申し込みください。

住所など詳細を追ってご連絡致します。

 

開催日時

6/25(日)

①.10時〜11時30分 定員に達しました。

②.13時〜14時30分 定員に達しました。

③.15時〜16時30分

各時間2組ずつのご案内とさせていただきます。

 

「峯の住宅」

設計監理:co-designstudio/小嶋

構造設計:TECTONICA INC./鈴木

施工:Build Lab

構造:木造2階建て

建築面積:50.34㎡

敷地面積:93.73㎡

Print


雑誌掲載 〜 tocotoco vol.38 〜

まだ、ホームページ未掲載ですが、

昨年に竣工しました江面の住宅が子育て系雑誌のtocotocoへ掲載されました。

170523_01

こちらの住宅は奥さまが多肉植物のお店を運営されている方です。

詳しくは記事をご覧いただきたいのですが、そろそろ緑も綺麗に出てきて撮影日和になってきました。

竣工写真も出来上がり次第、ホームページにもアップしていきます。

 

170523_02

 

170523_03


峯の住宅〜あとちょっとで完成見学会&左官塗りワークショップ〜

すっかりと夏の陽気ですが、

峯の住宅はついにあと少しで竣工を迎えようとしています!

02_外観

03_内観

 

そして、今回竣工に向けて面白い企画をつくりました!

 

「あとちょっとで完成見学会&左官塗りワークショップ」

 

今回はクライアントさん自らがご自分の寝室の壁の左官塗りをしているのですが、

最後はみんなで一緒になって塗ろうということになり見学会と合わせて左官塗りワークショップを行います。

04_左官作業

左官塗りには草加市新田で左官女子としてご活躍中のmarumo左官さんにお越しいただきレクチャーしていただきます。

 

お住まいになられる方から直接家作りの大変さ、楽しさを聞いたり、

一緒に家作りやDIYも学べる住宅見学会はなかなかありませんよ〜!

是非この機会にご参加ください!

pdfデータはコチラ→MHH竣工OH&左官WS

 

日時:2017年5月27日(土) 13時〜17時頃
※最初と始めに住宅見学と家作りについてのお話しがあります。

場所:川口市峯(詳細は申込された方へお知らせいたします)

人数:2家族(具体的なご計画のある方を優先とさせていただきます)

※なお、完成見学会はまた改めてお知らせさせていただきます。

お問合せ:コーデザインスタジオHPのお問合せフォームより
「完成見学会&左官塗りワークショップ参加希望」と明記してご応募ください。

 

左官ワークショップ
marumo工房
金澤 萌

2005 ものつくり大学、第1期生として卒業。
2005  (有)原田左官工業所へ入社。
2008 小林左官工業所で修業。
2013 marumo工房として独立。ものつくり大学非常勤講師。
2014 アトリエ『LEAD』の活動を開始。
第2回 塗り壁のある風景コンテスト 創作パネル部門・最優秀賞
第3回 塗り壁のある風景コンテスト 創作パネル部門・審査員特別賞

『左官を身近なモノへ・・・』は「marumo工房」のモットーです。
様々な分野の左官職人が居る中で、「marumo工房」は、女性左官職人の目線を生かし、仕事に取り組んでいます。

「marumo工房」を通じて、左官の壁塗りを楽しんでもらえたり、左官のものつくりに触れてもらえることが、
左官の技法を広め、左官仕上げを日常に取り入れて頂くきっかけになれば幸いです。
左官の世界・表現には、色々な可能性があります!
左官や左官職人がより身近な存在になることを願っています。


片づけ始めました〜(仮称)佐渡シンマチ〜

年度始めと世間は少し慌ただしいようですが、

自分は1日から佐渡に来ています。

 

以前ご紹介した真野新町のプロジェクトは今月からスタートです。

しばらくは業者さんは入れないで準備を進めます。

現状は、
1
海側から見た様子です。

このように納屋が崩れてしまい悲惨な状況です。

まずはこれの片づけから始めていきます。

 

ちなみにここから振り返ると、
2
このように目の前に真野湾が一面に広がっています!

向かい側に見えるのが大佐渡でまだ雪が残っています。

海と山が一緒に見えるとても最高のロケーションです^^

ついつい釣りに行きたくなっちゃいます笑

 

良い景色に現実から逃げ出したくなりますが、
5
これから片付けます!

 

納屋が崩れ落ち、瓦、木造躯体、建具、ガラス、トタンなどなどありとあらゆる物がありますが、

順番に仕分けながら取り出していきました。

どれもこれでもかというほどの量があり、

これ以外にも伸びに伸びたツタのようになった木々も切りながら前に突き進んでいきました。

中にはかろうじて使えそうなものもレスキューしましたよ!

 

6日間の滞在でずっと作業できたわけではないですが、どうにかすっきりとしてきました!

6

建物本体がしっかりと見えるようになりました^^

あまりにも良く見えるようになってしまったので、

入り口はとりあえずベニヤで塞ぎました。

 

これからも月一くらいで来て(仮称)佐渡シンマチプロジェクトを進めていきたいと思います。

次はまずは寝るところを作れれば。

久しぶりの作業に身体がバキバキ。。。

 

それでは島を出ます!


八丁目の住宅〜瓦おろし〜

今月より着工した築60年の住宅の改修工事ですが、

大工さんの仕事がめちゃくちゃ早いです!

今週の水曜日に足場を架けて、瓦を下ろし始めたのですが、

翌日の木曜日には下ろし終わっていました。

本日、土曜日に行ったところ、既存野地の補強をして、すでに防水を始めていました。

HKHre3

信頼できる職人さんたちなので安心なのですが、

写真を撮っている時間もない。。。笑

 

HKHre2

よく手入れがされていたとはいえ、

長年の雨風で軒先は結構反っていました。

木部は部分的に腐っていましたがそれほどでもなく安心しました。

屋根もこれで一気に防水までが終われば一安心です。

 

HKHre1

足場とシートですっかり覆われてしまいました。

今度、外れたときにはどんな姿を見せるのか楽しみです!


Topへ