私たちについて

片づけ始めました〜(仮称)佐渡シンマチ〜

年度始めと世間は少し慌ただしいようですが、

自分は1日から佐渡に来ています。

 

以前ご紹介した真野新町のプロジェクトは今月からスタートです。

しばらくは業者さんは入れないで準備を進めます。

現状は、
1
海側から見た様子です。

このように納屋が崩れてしまい悲惨な状況です。

まずはこれの片づけから始めていきます。

 

ちなみにここから振り返ると、
2
このように目の前に真野湾が一面に広がっています!

向かい側に見えるのが大佐渡でまだ雪が残っています。

海と山が一緒に見えるとても最高のロケーションです^^

ついつい釣りに行きたくなっちゃいます笑

 

良い景色に現実から逃げ出したくなりますが、
5
これから片付けます!

 

納屋が崩れ落ち、瓦、木造躯体、建具、ガラス、トタンなどなどありとあらゆる物がありますが、

順番に仕分けながら取り出していきました。

どれもこれでもかというほどの量があり、

これ以外にも伸びに伸びたツタのようになった木々も切りながら前に突き進んでいきました。

中にはかろうじて使えそうなものもレスキューしましたよ!

 

6日間の滞在でずっと作業できたわけではないですが、どうにかすっきりとしてきました!

6

建物本体がしっかりと見えるようになりました^^

あまりにも良く見えるようになってしまったので、

入り口はとりあえずベニヤで塞ぎました。

 

これからも月一くらいで来て(仮称)佐渡シンマチプロジェクトを進めていきたいと思います。

次はまずは寝るところを作れれば。

久しぶりの作業に身体がバキバキ。。。

 

それでは島を出ます!


八丁目の住宅:断熱工事が進んでいます

こんにちは、co-design studio 新スタッフの大橋です!

もうそろそろ春かな?と思いきや、意外と寒い日が続いていますね。

札幌育ちの私にとっては冬が来た気がしていませんが(雪がないと物足りなくて。。)そろそろ桜がみたいですね!

 

さて、リノベーション工事がどんどん進んでいる八丁目の住宅。

古い建物が好きすぎる自分としては、毎回現場へ足を運ぶのが楽しみで仕方ありません!

現場は、断熱工事と、木工事が着々と進んでいます!
33541114922_e4e17007af_z

白とピンクの袋のようなものは、壁面と天井の断熱材。吹き抜け部分にも全面しっかり入っています。

吹き抜けなので、高いところでも作業ができるよう、足場板が絶妙に張り巡らされています。大工さんは慣れた動きでこの上を歩きながら工事しています。すごい。。

33700454085_400f80c5b6_z

斜めに仕上げる天井の上も、みっちり。

32854725264_76819a6517_z

上の三角部分に手をいれてみたら、もわっと暖かい。

断熱材に囲まれている部分(下)と、入っていない部分(上:屋根裏部分)と、温度の違いがすでにでていてびっくり!

※現場は窓がまだ付いていないので、開けっ放しで外気が入っているので下の方が冷たいのです。窓がつくと、窓で断熱ができるので、今日みたいに寒い日は、室内が断熱材のおかげで暖房がききやすくなるのです。

まいにち少しずつ姿を変える現場。毎回打ち合わせするたびに悩んだり考えたり。形になっていくのが楽しみです!。

またご報告しますね!


八丁目の住宅〜瓦おろし〜

今月より着工した築60年の住宅の改修工事ですが、

大工さんの仕事がめちゃくちゃ早いです!

今週の水曜日に足場を架けて、瓦を下ろし始めたのですが、

翌日の木曜日には下ろし終わっていました。

本日、土曜日に行ったところ、既存野地の補強をして、すでに防水を始めていました。

HKHre3

信頼できる職人さんたちなので安心なのですが、

写真を撮っている時間もない。。。笑

 

HKHre2

よく手入れがされていたとはいえ、

長年の雨風で軒先は結構反っていました。

木部は部分的に腐っていましたがそれほどでもなく安心しました。

屋根もこれで一気に防水までが終われば一安心です。

 

HKHre1

足場とシートですっかり覆われてしまいました。

今度、外れたときにはどんな姿を見せるのか楽しみです!


峯の住宅〜外壁がお目見え〜

ここのところあまり設計事務所本来としての建物のお話から遠ざかり、

何をしているのだと言われてしまいそうな雰囲気でしたが現場もちゃんと動いています!笑

しかし、峯の住宅では諸条件が重なりなかなか進捗が思わしくなかったですが、

ようやく外壁が張り上がりました!!

MHH1

本当なら足場も外れていたはずですが、

最後に細かくチェックしたところ修正もあり次回に持ち越し。

ようやく完成が見えてきました!

さて竣工はいつになるでしょう?


ひっそりと着工〜八丁目の住宅〜

新年が明けて、1月というのはあっという間です。

仕事もはかどりませんね。

しかし、先週は「シンマチマツリ」を開催。

そのイベントに合わせて敷地内もアトリエ内もすこ〜しキレイにしました。

イベント自体も多くの方々にご来場いただきありがとうございます!

私たちも様々なことを経験し、次のステップにあがれるようがんばります。

 

そして、長らく設計しては概算、概算とっては設計変更していた八丁目の住宅が着工しました。

外構解体

正直、長かった。

八丁目の住宅は築60年の古民家で、雰囲気が良く立派な続き間が特徴的な建物です。

その続き間はしっかりと保存し、その他の部分をリノベーションして蘇らせます。

まずは外部のブロック塀などの解体作業からです。

天気は良いですが、風が強くて肌寒い中で職人さん頑張ってくれています。

 

内部壁

中も徐々に解体が始まりますが、

後から施工された新しい壁を解体すると所々に土壁が。

何かこのまま生かせるといいのですが。

 

また、少しずつご報告していきます。

乞うご期待!


Topへ