私たちについて

トウブコフェスティバル〜竹けん玉WS開催&竹テント〜

久しぶりにお盆に夏期休暇をいただきました。

そして、生まれてから今までお盆らしい行事もしたことがなく、

もう少し先祖を敬う気持ちを持たなくてはいけないなと反省した夏休みでした。

 

そして、夏休みが明けトウブコフェスティバルvol.3まで残り1ヶ月となりました!

昨日はプレイベントの竹けん玉作りワークショップが宮代町の進修館では行われました。

全国どこでも竹はありますが、宮代町では日本工業大学と共同で竹のアートという

イベントを開催したりと活動が盛んです。

この日も夏休み中の小学生を中心に数十人が集合して制作をしました!

 

DSC02186

DSC02182

ノコギリやナタなどを実際に使って制作していきます。

最初は大変そうでしたが、徐々に道具の使い方にも慣れて子供達も楽しそうでした。

 

DSC02199

最後に記念撮影をして、当日はできたけん玉を会場を盛り上げるために使用します。

どんな風に使われるかは来てのお楽しみです^^

 

その後、自分は場所を日工大に移し、当日に使用する竹テントの打合せをしてきました。

今回は日工大の協力のもとに学生さんたちと一緒に作っていきます。

 

2

先生も交えて様々なご提案をいただきました。

 

1

短期間でたくさんの模型を作ってくださいました。

普段は提案する側なのでなんか新鮮ですね。

 

当日はどんなテントが出来上がるのか楽しみです!

いろいろな視点で楽しめるイベントとなりそうです。


tanabike図工室〜コーデザインワークショップ〜

夏のシンマチのイベントのうちのひとつ、毎年恒例tanabike図工室2017が8月3日から今年も始まりました!

そして8月4日はコーデザインのワークショップが開催されました。

tanabike図工室の今年のテーマは「森の物語」

ということで、キャンプやピクニックに持って行く親子で使える椅子作り。

クギやビス、接着剤を使用しない組み立て、取り外しのできる椅子を作りました。

持ち運びが簡単で場所もとりません。

 

大人と子どもそれぞれ分かれて作業してもらいます。

IMGP3457

大人たちはあらかじめこちらでそれぞれに切り出した椅子のパーツに、

ノコギリを使い、パーツをそれぞれ差し込む切り込みを作っていきます。

IMGP3462

やすりなどを使い、パーツどうし差し込めるよう調整します。

みなさん、この作業がこの作業が苦戦されていました。

そしてやすりで磨き、角を落としていきます。

一方そのころ子どもたちはと言うと…

 

椅子に描く自分たちのマークを作っています。

まずは紙に描き、決まったら型をつくります。

IMGP3465

それを切り出し、お父さんお母さんが作った椅子に

スポンジを使い、ぽんぽんっとペンキで色をのっけてあげます。

IMGP3480

型を取ると…マークが椅子のパーツに転写!

最後に仕上げのオイルを全体に塗ってあげて完成です。

 

大人も子ども熱中していて、

最後には、疲れたけど達成感はあります!と嬉しい言葉が多くの方から聞くことができました。

疲れてへとへとになったけど達成感はある、作った物へ愛着が出てきます。

是非、色々な場面で使ってほしいと思います。

 

最後に記念撮影!

IMGP3483

IMGP3489

IMGP3491

IMGP3494

暑い中、外での作業お疲れ様でした。ご参加いただきありがとうございました。


里の住宅〜地鎮祭〜

気がつけばあっと言う間に8月…。

一昨日はtanabike図工室でコーデザインワークショップが開催されました。

参加者のみなさんも、僕たちも汗を流しながら椅子をつくり上げました!

その様子は後ほどレポート致します。

 

さて、本日は川口市の里の住宅の地鎮祭が行われました。

鳩ヶ谷の氷川神社さんが来て執り行ってくださいました。

こちらが到着するとすでに宮司さんが準備されていました。

このような折りたたみ式のセットがあるとは!!

僕らこの作りに興味津々でじっくりと見てしまいました。笑

これは何かイベント什器を今後作るとしたらきっと役に立つと。

そんなことを思いながら準備は終わり、式典が始まりました。

IMG_8365

式が進み、鍬入れの儀。

IMG_8374 IMG_8376

お施主さんご夫婦と、

IMG_8379

施工者からは土建屋さんにやっていただきました。

そして、玉串奉奠。

IMG_8402

曇り空の中に晴れ間も見え、天候にも恵まれ、式典も滞りなく終えることができました。

いよいよですね。

IMG_8442

いつもの様にテクスチャーも表現した模型も作りました。このようなイメージです。

早く立ち上がった姿が見たい!

これから工事が始まります。


八丁目の住宅〜足場が外れました!〜

今週は出張で岡山に行ってきました。

 

台風が来ているとは行くまで知らなかったのですが、

なんとか直撃は避けて(ただし、周辺の被害はすさまじいのですが…)、

目的の場所を回ることができました。

 

今回の出張では様々な地域のリノベーションまちづくりの現状、現代建築巡り、

私が所属するForward to 1985 energy lifeの全国大会と盛りだくさんの内容でした。

それぞれの現状を目の当たりにして、自分の頭の中を整理できた気がします。

 

そんな1週間を過ごして、今日は春日部の八丁目の住宅に行ってきました!

工事も徐々に進み、ついに足場が外れました。

 

1

陸橋からの眺めです。

交差点の角にあるのでものすごい目立ちます。

信号待ちのドライバーの観光スポットです^^

 

2

南側からです。

今回は外壁は全て杉板張りです。

始め全て黒色に塗装をする予定でしたが、

クライアントの方たちともお話して木の経年変化を楽しみたいとのことからクリアで仕上げました。

 

3

内部はゆっくりですが進んでいます。

今日は2階の子供部屋の造作収納&ベッドを作っていました。

 

今日は本当に暑くて職人さんも大変そうでした。

しかし、窓を開けると本当に風通しが良く、昔の家づくりの通風の重要さを知りました。

 

さあ、少しずつ竣工に向けて動き出します!


幸手の住宅〜上棟式〜

毎日、雨続きですね。

雨男と呼ばれていますが、この時期ばかりは自分のせいではありませんよ笑!

 

さて、今日は幸手市にある芦葉工藝舎の施工でデザイン監修させていただいている

「幸手の住宅」の上棟式に行ってきました!

 
1

2日前から建て方を始め、昨日には棟上げまで終え、

本日が上棟式でした。

今回は駐車場の屋根が延びておりデザイン的にも出来上がりが楽しみな住宅です。

 

3

リビング上部の吹き抜けを見上げています。

今回もそよ風を採用していますが、きっと風が通り気持ち良いことでしょう。

 

2

上棟式には珍しく宮司さんもお呼びしての式でした。

クライアントさまも喜ばれていました。

竣工が楽しみです^^


Topへ