私たちについて

トウブコフェスティバル〜竹けん玉WS開催&竹テント〜

久しぶりにお盆に夏期休暇をいただきました。

そして、生まれてから今までお盆らしい行事もしたことがなく、

もう少し先祖を敬う気持ちを持たなくてはいけないなと反省した夏休みでした。

 

そして、夏休みが明けトウブコフェスティバルvol.3まで残り1ヶ月となりました!

昨日はプレイベントの竹けん玉作りワークショップが宮代町の進修館では行われました。

全国どこでも竹はありますが、宮代町では日本工業大学と共同で竹のアートという

イベントを開催したりと活動が盛んです。

この日も夏休み中の小学生を中心に数十人が集合して制作をしました!

 

DSC02186

DSC02182

ノコギリやナタなどを実際に使って制作していきます。

最初は大変そうでしたが、徐々に道具の使い方にも慣れて子供達も楽しそうでした。

 

DSC02199

最後に記念撮影をして、当日はできたけん玉を会場を盛り上げるために使用します。

どんな風に使われるかは来てのお楽しみです^^

 

その後、自分は場所を日工大に移し、当日に使用する竹テントの打合せをしてきました。

今回は日工大の協力のもとに学生さんたちと一緒に作っていきます。

 

2

先生も交えて様々なご提案をいただきました。

 

1

短期間でたくさんの模型を作ってくださいました。

普段は提案する側なのでなんか新鮮ですね。

 

当日はどんなテントが出来上がるのか楽しみです!

いろいろな視点で楽しめるイベントとなりそうです。


イベントの参加、そして峯の住宅の方は〜

久しぶりの投稿となってしまいました。

気がつけばあっという間に9月も終わり、10月になろうとしています。

天気は雨の日が多く、陽の光をあまり浴びてないような気がします…

そして、気温もすっかり秋ですね。キンモクセイの香りもしてきました。

 

9月は去年も参加させていただいた、「宮代トウブコフェスティバル」に

今年も企画・運営側に参加させていただいてました。

9月の18、19日に開催されましたが2日間ともあいにくの雨….

それでもたくさんの方に来ていただきました。

楽しんでいる子供たちの姿を見ると

こちらも楽しく、嬉しい気持ちになりました。

 

今回は運営側での参加でしたので、コーデザインのワークショップは開催することが

できませんでした。次回、もしできるのであればリベンジしたいですね。

とても貴重な経験をした2日間でした。

ファイル 2016-09-30 17 22 12

最後にshinmachiのスタッフみんなで記念撮影。

 

そして、川口市峯の住宅ですが、

実は大工さんのご都合により1ヶ月半ほど、工事をストップしていました。

9月半ばより再開され、少しずつ進んでいっています。

 

今週の始めに現場へ行き、クライアントと打ち合わせをしてきました。

今回の打ち合わせの内容は、コンセント・スイッチの位置や、必要な数の確認でした。

DSCN9525

今の段階で位置が出せる箇所に印をつけていき、位置や高さなどがこれでよいか等、

確認していただきました。

DSCN9520

図面だけでは分かりずらかったりする部分を実際の場所で見て確認してもらうことで

イメージがつきやすくなります。

 

これからはまず外壁下地の壁をはっていきます。

 

オノダ

 

 


トウブコフェスティバルを開催しました!

9月19.20日、宮代町のコミュニティセンター進修館で宮代トウブコフェスティバルが開催されました。

img31

2日間とも見事に晴れてくれました。少し暑いくらいでしたけど、とても気持ち良かったです。

コーデザインではイベントの企画、運営に携わらせていただいた他、1日目の19日にワークショップを開催しました。

象設計集団が設計した不思議で素晴らしい空間で、立派で変わった形のテーブルや

椅子がある部屋でワークショップをすることができました。

DSCN1257

入口には前回の「タナビケ図工室」で作った看板をかけてみなさんをお出迎え。

オープンと同時にたくさんのお客さんが来てくれて、あっという間に席がいっぱいになりました。

DSCN1261

みんな、お父さんお母さんと一緒に思い思いに自分のカタチを作っていきます。

とてもとても真剣でした。ボンドで手がべたべたになっても何も気にしない。それほど夢中でした。

DSCN1293

今回の看板作りも文字だけでなくどんなカタチでも。パーツもいくつでも使って良く、自由に!

とにかく自由に作ってもらいました。

DSCN1309

そして、もうひとつのワークショップ、「宮代トウブコマップ作り」です。

こちらは宮代の進修館周辺の地図をもとに、道だけを作り、進修館となるものを設置しました。

「看板作りを終えた後に、同じ材料を使い、ひとつ自分だけのお家をこの地図上に建てていってもらう」

という内容のワークショップでした。

こちらの方だけ参加してくれた子もいました。

進修館を中心に次々と立派なお家が建っていきます。

次々とできてくる様子を見てこちらもワクワクしてきました。

子供たちの考える事はすごい!面白い!楽しい!

 

ワークショップをやるたびに新たな驚きや感動、発見があります。

お客さん、子供たちとコミュニケーションをとる大切さや楽しさも覚えます。

また来年もこの場所で開催したいですね。

そしてもっといっぱい色んなワークショップを企画してやってみたいと思いました。

DSCN1355

 

春にひょんなことから企画・運営に関わらせていただき

設計事務所ながらにこういったイベントにどういう形で関われるのだろうと試行錯誤の毎日でした。

正直、今回は全力を尽くしたという他ありません。

来年以降もどうやらイベントは続けていくことになりそうですので、

コーデザインスタジオが関わるとこういったイベントになるというものを見せられるように

スタッフ共々考えていきたいと思っています。

 

たくさんの方に参加していただきました。ありがとうございました。

コジマ&オノダ


Topへ