できること

  • ホーム
  • できること
  • エコ住宅について

エコ住宅について

エコ住宅とは?

エコ住宅は、エアコンなどの設備にあまり頼らずに,建物の構造や材料などの工夫によって熱や空気の流れを制御し、快適な室内環境をつくりだす、人にも地球環境にも優しい小さなエネルギーで豊かに暮らせる住まいのことを言います。
コーデザインではエコ住宅を実現するために、太陽の光や熱、風の流れを読み室内空間に上手に取り込むパッシブデザインという考え方と、温熱環境を読みとり断熱、気密、換気を満たしていく工夫をして、より快適で地球にも優しい家づくりを心がけています。

快適に暮らすアイデア

これまでの日本の住宅は「夏を旨とすべし、冬はいかなる所にも住まる」と徒然草の一節にもあるように自然を上手に取り込み、かつ炬燵などで採暖するというような作り方をしてきました。
しかし、実際は風通しだけでは暑く、炬燵などの部分暖房では廊下などは寒くてどうしようもない家ばかりです。結局のところ、私たちは我慢することができずにエアコンを使用しますが、家は未だに我慢し続けています。
この「夏暑く冬寒い」というのを建築的な工夫で「いつでも快適!」に近づけるのがエコ住宅です。
ここでは簡単ではありますがコーデザインの考える快適に暮らすアイデアをご紹介します。

エコ住宅の基本となる“3つの要素”

設計の基本となる要素です。まずはこれらを満たすことで暖冷房などの設備への依存率を減らしていきます。

  • 断熱・気密

    室内と室外の境界における熱の出入りを抑制することで、外部の温熱環境に左右されない内部空間を作ることができます。まずは性能を満たすことですが、出来るだけ自然由来の断熱材を使用することを心掛けています。また、結露対策として透湿シートや通気層などの確保も欠かせません。

  • 日射利用・遮蔽

    太陽のエネルギーを活かすことがエコハウスと言っても過言ではありません。冬は開口部からの日射を利用し、明るさや熱を取り入れます。夏や中間期は日射を遮蔽し、室内を涼しく保ちます。そのためには、軒・庇を作ることで日射をコントロールすることが重要となります。

  • 風通

    夏や中間期においては外部から積極的に外気を取り入れ、暖冷房に依存しない快適な室内温熱環境を目指します。地域や周辺環境によって風向が変化するのでしっかりと見極めることが重要となります。

コーデザインが加える“6つの要素”

基本となる3つの要素を満たすだけでは快適な暮らしとはなりません。それらを満たすために必要なこと、満たすことで可能となることなど快適に暮らすための6つの要素を提案します。

  • 立地・配置

    せっかく日射利用・遮蔽する軒・庇を作っても周りの建物に遮られて日射が入ってこないようでは元も子もありません。方位や周辺環境をしっかりと確認して日射を取り込めるように計画していきます。

  • 植栽

    日射利用・遮蔽は軒・庇だけでなく植栽でも可能です。庭に落葉樹を植えれば夏は遮蔽し、冬は取り込むことができます。また、植栽を通して冷やされた風を取り入れたり、太陽に照らされた植栽を楽しむこともできます。

  • 蓄熱

    太陽の射し込む床面はとても暖かいです。リビングの無垢のフローリング、土間、テラスと一体となったダイニングなどの床面は蓄熱をするので裸足でも気持ちの良い空間となります。また、日中に熱を蓄えることで誰もいない家に帰った時でもヒヤッとしません。

  • 断面計画

    断熱がしっかりとしているということは熱の移動が少ないということです。一般的に吹抜けを設けると熱が逃げて寒いというイメージがありますが、開放的で暖かい空間が可能になります。また、通風もしっかりと出来るのでさらに快適な空間となります。

  • 窓も最近では性能の良いものが登場してきました。それにより外部に大きく開けて内外が一体となった空間が実現可能となります。また、部分的に木製建具とすると既製の建具にはない機能や快適さを得ることが可能となります。

  • 再生可能エネルギー

    太陽からの熱は捨てるにはあまりにもったいありません。ここでは屋根で暖められた空気を床下に送り込むことで補助的な床暖房としても利用します。夏の夜間には放射冷却として屋根が冷やされるので寝苦しい夜を和らげてくれます。

コーデザインスタジオはエコ住宅の地域アドバイザー拠点です

コーデザインは、より多くの人にエコで快適な家に住んでほしいという思いから、一般社団法人Forward to 1985 energy lifeの地域アドバイザー拠点になりました。
エコ住宅は、その地域の風土や気候を知り、断熱、気密、換気等の基本性能がしっかりと備えた設計をする必要があります。
コーデザインでは、地域の環境を十分に理解した上で、知識に基づいたご提案できるよう努めています。

Forward to 1985 energy life は、住宅のエネルギー消費のあり方に関心を向け、住宅での暮らし方について研究、アドバイスなどを行っている一般社団法人です。コーデザインは首都圏の地域アドバイザー拠点として、地域の風土特性に合ったエコ住宅のご提案やアドバイスを行っています。

あなたにとって、快適な暮らしとは何ですか?

性能や環境に配慮した住宅はエコ住宅ではありますが、それだけでは快適な暮らしとは言えません。やはり自分が思い描く心地良さがその空間にあってこそ「快適な暮らし」となります。
コーデザインでは、性能に関しては専用のシミュレーションソフトを使って計算を行い、環境に関しては素材選びから吟味していき、結果見た目だけとならないようにご提案していきます。
お施主様一人一人の最適“快”を見つけるお手伝いをさせていただきます。

お問い合わせ・ご相談はこちら

Topへ